呉のやぶ

呉の秋祭りのシンボル的存在、「やぶ」の魅力をお伝えします。

養隈の祭り

焼山で生まれ育った自分にとって、地元、高尾神社の祭りは子どもの頃、一年で最も待ち遠しい特別な日でした。

今日の"やぶ好き"原点はあの時代にあると言っても過言ではありません。

そんな私も今や焼山だけでなく、呉市内各地の祭りにすっかり魅せられ、毎年、秋になるとカメラをぶら下げ、方々を奔走しています。

しかし、各地の祭りを知れば知るほど、地元、焼山の伝統的なやぶについて、次のような素朴な疑問を抱くようになりました。

 

  • 焼山のやぶは、なぜ面の系統が著しく異なっているのか?
  • 焼山のやぶは、なぜ髪が長いのか?
  • 焼山のやぶは、なぜ子どもを追いかけ、ときに叩いたりするのか?

 

とりわけ、旧呉市*1各地の神社のやぶと比較したとき、その違いは顕著で、「呉のやぶ」の代表的な見せ場でもある俵もみのような奉納行事もありません*2

そのため、焼山のやぶは本当に「神様の警護や道案内」を役目としているのだろうか、と訝しんだこともあります。

一体なぜこうも違っているのでしょうか。

本稿では、この疑問に対して「養隈の祭り」という視点から答えを探ってみることにします。

 

さて、「養隈」というのはおそらく多くの人にとって聞きなれない地名でしょう。

これは、平安期和名類聚抄*3に記された郷名で、安芸国安芸郡十一郷の一つとされています。

読み方は「やくま」ではなく、「やの」*4

十一郷とは、安芸、船木、養隈、安満、駅屋、宋山、漢辨、彌理、河内、田門、播良で、このうち、養隈は、現在の矢野、熊野町、押込、苗代、栃原、焼山、天応、坂町のあたりであったと言われています*5

結論を先取りすると、焼山のやぶは旧呉市内各地のやぶと比較すると、その特殊性が際立ちますが、かつて養隈と呼ばれていた地域のやぶや鬼と比較してみると、実に似通った部分が多いのです。

それを示すため、今年は「遠征シリーズ」と称して、呉市外である矢野や坂、小屋浦の祭りにも足を運びました。

また、焼山の隣町、栃原の祭りを初めて訪ねたのもこのためです。

もちろん本来であれば、苗代熊野町*6の祭りも取材し、より広範かつ網羅的な比較を行うのが理想ですが、今回はその前段階の「試論」という位置づけとし、まずは、焼山、栃原、押込、天応、矢野、坂、小屋浦の7地域に絞って、その共通点を探ることにします*7

比較のポイントとして、以下の4点を挙げてみました。

 

  1. 呼称
  2. 面の顔立ち
  3. 髪の長さ
  4. 振る舞い

 

まずは、「呼称」について。

このブログでも繰り返し紹介してきたように、焼山の伝統的なやぶは、北区のアカ、アオ、西区のカッパ、東区のニビキ、ガッソーの5種類に分類できます。

一方、他の地域ではどう呼ばれているのでしょうか。

そもそも「やぶ」という呼称があるのは、やはり呉市内の押込、栃原、天応の3地区だけで、矢野ではアゴではガッソー小屋浦ではマッカと呼ばれています。

但し、押込のやぶについては、アカ、シャク、ガッソーの3種類があり、栃原には、旧呉市内のように一番やぶ、二番やぶ、三番やぶといった呼ばれ方をするやぶの他に、かつては爺鬼、婆鬼と呼ばれていたものもいました。

ここで注目すべきは、二点あります。

一つは、やぶや鬼といったいわゆる一般的な呼称とは別に、独特の呼び名や分類名が多く見られること。

単にやぶとしか呼ばないのは、天応のみで、他の6地区はやぶや鬼とは別の名称や総称が根付いています。

もう一つは、ガッソーという名称が焼山、押込、坂の三地域に亘って存在していることです。

とりわけ、焼山のガッソー坂のガッソーは、二つ目の比較ポイント、「面の顔立ち」酷似しています。

 

f:id:shorikai:20161031183753j:plain

焼山、東区のガッソー

 

f:id:shorikai:20161031183806j:plain

坂のガッソー

 

また、顔立ちという点では、呼称こそ異なるものの小屋浦のマッカも、瓜二つです。

 

f:id:shorikai:20161031183826j:plain

小屋浦のマッカ

 

いずれも伝承上は相当古い歴史があると言われていますが、文献などでその正確な年代を特定するのは困難です。

但し、歴史の古さをある程度裏付ける写真は残っています。

その一部を紹介すると、下記の写真は昭和14年10月に撮影された焼山の祭り

 

f:id:shorikai:20161031183855j:plain

脇屋昭三氏提供

 

写っているのは、東区のガッソーで、いずれも現在使われている面です。

また、下記の写真は昭和20年代以降に撮られた小屋浦の祭り*8

 

f:id:shorikai:20161031183932j:plain

 

現在の祭り関係者の方に提供いただいたもので、左右の端にマッカが二匹、写っています。

同じく、現在も使用されている面です。

 

なお、今回の主題、「養隈の祭り」からは脱線しますが、呉市にもこれらとよく似た面の存在が確認されています。

一つは高日神社のやぶ*9

下記の写真は、祭り関係者OBのご家族から提供いただいたもので、撮影年は昭和20年代後半

 

f:id:shorikai:20161031183954j:plain

 

詳しくは、「昔の祭り(高日神社編)」で取り上げますが、まさに焼山、東区のガッソーと見紛うようなやぶが、右端に写っています。

また、平原神社の祭りでは、鹿田迫奉賛会から、般若と呼ばれる"ガッソー似"のやぶが今も出ています。

 

f:id:shorikai:20161031184016j:plain

鹿田迫奉賛会のやぶ

 

これらのルーツ「養隈のガッソー」との関連については、今後の課題です。

 

話を「養隈」に戻します。

面の顔立ちという点では、似ているのは焼山、坂の両ガッソーと小屋浦のマッカだけではありません。

押込のアカやガッソーも「酷似」とは言えませんが、焼山のガッソーに近い系統です。

 

f:id:shorikai:20161031184033j:plain

押込のアカ

 

f:id:shorikai:20161031184053j:plain

押込のガッソー

 

天応、大浜地区*10のやぶは、今も昔もガッソー以外の焼山のやぶに比較的似ています。

 

f:id:shorikai:20161031184116j:plain

天応(大浜地区)のやぶ*11

 

f:id:shorikai:20161031184129j:plain

焼山、西区のカッパ

 

栃原のやぶは、独特の顔立ちをしていますが、立体的な彫りの深さという点では、旧呉市内よりもどちらかというと焼山のやぶに近いと言えます。

 

f:id:shorikai:20161031184142j:plain

栃原のやぶ

 

また、今は使われていない面の中に焼山のニビキとそっくりのものもあります。

 

f:id:shorikai:20161031223609j:plain

栃原のやぶ(ニビキ似)

 

f:id:shorikai:20161031184221j:plain

焼山、東区のニビキ

 

呼称、面の顔立ちに続いて、三番目の比較のポイントは、「髪の長さ」

焼山のやぶは、分かりやすく言うと「ロングヘアー」です。

他の地域はどうでしょうか。

栃原、坂、小屋浦については、素材がではなく、和紙という決定的な違いがありますが、長さについては、焼山同様、「ロング」です。

一方、天応と矢野については、肩にかかる程度の言わば「セミロング」

 

f:id:shorikai:20161031184237j:plain

矢野のアゴ

 

押込については、それよりもさらに短いものの、旧呉市内各地の神社のやぶに比べると明らかに長く、言わば「ショート」「ベリーショート」くらいの違いがあります。

以上を踏まえると、養隈のやぶや鬼は、髪が総じて長いと言っても過言ではないでしょう。

 

続いて、四つ目の比較のポイント、「振る舞い」

焼山のやぶは、よごろの日に子どもを追いかけ、ときに叩くのを伝統としています。

一方、押込のやぶ小屋浦のマッカも全く同様の振る舞いをします。

中でもマッカについては、近年ではナニコレ珍百景」(テレビ朝日俳句王国がゆく」(NHKといったテレビ番組でも取り上げられるなど、今や全国区の知名度になりつつあります*12

また、今でこそ見られなくなりましたが、栃原の爺鬼、婆鬼もからかう子どもたちを境内で追いかけ、ときに叩くのを習わしとしていたと言います。

 

以上の比較をまとめたものが、下記の表です。

 

f:id:shorikai:20161031223512j:plain

 

これから明らかなように、呉市内各地のやぶと比べてその特殊性が際立つ焼山のやぶも、「養隈の祭り」という枠組みでとらえ直すと、実に共通する点が多く見られます。

もちろん、7地域のやぶや鬼の特徴が上記の4項目において、全て一致しているというわけではなく、項目ごとに一致する組み合わせが様々あるというのが実際です。

また、今年、足を運ぶことができなかった、苗代熊野町も含めて検証してみないことには、本当に「養隈の祭り」という枠組みが冒頭の疑問を解く上で有効かどうかははっきりと言えません。

しかし、そうした課題や限界を割り引いてみても、養隈という地域には、祭り文化の近似性が一定程度存在すると言っても概ね間違いではないと思われます。

実際、今回はやぶや鬼に的を絞って試論を展開しましたが、他にも例えば頂戴(ちょうさい)と呼ばれる山車も養隈の祭りに比較的多く見られる共通項として挙げることができます。

具体的には、天応、矢野、坂、小屋浦においては、やぶや鬼に勝るとも劣らず、当該地区の祭りを象徴する見所の一つとなっています*13

 

f:id:shorikai:20161031184406j:plain

天応(大浜地区)の頂戴

 

f:id:shorikai:20161031184425j:plain

矢野の頂戴

 

f:id:shorikai:20161031184439j:plain

坂の頂戴

 

f:id:shorikai:20161031184450j:plain

小屋浦の頂戴

 

このように養隈の祭りには、旧呉市内の祭りとは異なる要素が多分にあります。

 

最後に、以上の検討を踏まえて、焼山のやぶについて大胆な仮説を提示します。

それは、焼山のやぶは、元々はアカ、アオ、カッパ、ガッソー、ニビキであり、その昔はやぶとは呼ばれていなかったのではないか、と。

これらをやぶという概念で括るようになったのは、もっと後の時代になってからのことではないのかという可能性です。

歴史的にも焼山が呉市編入されたのは昭和31年と比較的、最近のことです。

呉市が誕生した明治35年以降も焼山は54年間に亘って安芸郡焼山村安芸郡昭和村であり続けました。

そして遥か昔は養隈郷の一部であり、旧呉市を含む安満郷船木郷*14とは別の郷だったのです。

そのため、旧呉市内と異なる文化圏であったとしても何ら不思議はありません。

焼山と旧呉市の隔たりを象徴する言葉に「呉へ下りる」という表現があります。

呉市に編入されてから60年が経った今でも焼山の人は、旧呉市内へ行くことを「呉へ下りる」と言います。

そうした意識の壁が、今なお異なる文化圏の境界になっているのかもしれません。

それでも矢野や坂、小屋浦と違って、やぶという言葉が少なくとも戦前の昭和村時代から使われていたのは、地理的に旧呉市隣接していたからではないかと考えることもできます。

あくまで推論ですが、昔の焼山の人たちが普段、アカ、アオ、カッパ、ガッソー、ニビキと呼んでいたものが、ある時期、旧呉市内の祭りで言うと「やぶ」に相当すると考えられるようになり、以降、これらをやぶと認識するようになったのではないか、と。

海水淡水が交わる水域を汽水域と呼びますが、焼山はまさに養隈の文化呉市の文化汽水域だったのかもしれません。

上記の仮説は、同じく養隈の一部であり、アカ、シャク、ガッソーの3種のやぶがいる押込においても当てはまる可能性があります。

さらに議論拡張すると、養隈とはまるで別域にある警固屋も、宇佐神社のカッパ、ヨダレ、ニグロや、貴船神社のエンマ、ダンゴ、ニグロのように地区ごとに多様なやぶが存在していること、さらに地理的には呉市であり、歴史的にも呉市に編入されたのは旧呉市が誕生して26年後の昭和3年であることから、条件面では焼山と比較的よく似ています。

そのため、警固屋においてもやぶという言葉が使われるようになった時期が分かれば、その結果次第では、上記の推論の傍証に繋がるかもしれません。

このあたりについても、今後の課題です。

 

今回は、限られた取材結果をもとに試論奔放に述べましたが、来年以降、さらに取材を重ね、「養隈文化圏」という概念の妥当性、有効性を引き続き、検証してみようと考えています。

本稿はそれに向けた第一歩と位置づけています。

 

Copyright(c)2016, kureyabu All Rights Reserved

*1:明治期の宮原村・和庄村・荘山田村の呉浦3村、及び吉浦村から川原石・両城地区が分離し誕生した二川町が合併してできた地区。

*2:但し、呉市文化振興課市史編纂グループが所蔵する昭和26年当時の焼山の祭りの写真(2枚)には俵みこしが写っていることから、これがどう使われていたのかについて現在調査中。また、昭和45年に造成された焼山の新興住宅地、松ヶ丘団地は俵もみを行っている。

*3:巻六から巻九までの四巻に、古代における全国の郷名が列記され、それらに訓が付されている。このうち、巻八に安芸国の郷名が群別に列挙されている。

*4:平安末期の写本、高山寺本の訓は「夜乃」、室町中期の写本、東急本の訓は「也乃」。芸藩通志は「隈」は「濃」の誤りとしている。

*5:角川日本地名大辞典(34)広島県、及び下記を参考に記述。

矢野 (広島市) - Wikipedia

*6:かつて熊野村、川角村、平谷村であった地区。

*7:具体的には、高尾神社(焼山)、竹内神社(栃原)、向日原神社(押込)、田中八幡神社(天応)、矢野(尾崎神社)、八幡山八幡神社(坂)、小屋浦新宮社(小屋浦)の祭り。

*8:提供者によると、撮影年月は戦後であることしか分かっていない。

*9:和庄通4丁目自治会から出ていたやぶ。

*10:天応においては、大浜地区の祭りの歴史が最も古いとされている。

*11:星山武士氏提供の写真を一部拡大したもの。撮影年は、昭和37年以前。

*12:2016年11月12日も21時よりフジテレビ系列の番組内で紹介される予定。

*13:この内、天応(大浜地区)と小屋浦における初期の頂戴は、矢野から譲り受けたものという言い伝えがある。なお、矢野の頂戴の歴史については下記参照。

http://www.cf.city.hiroshima.jp/yano-k/town/rekisikouza.chousai.pdf

*14:呉市制100周年記念版 呉の歴史」(呉市史編纂委員会)を参照。

広告を非表示にする