呉のやぶ

呉の秋祭りのシンボル的存在、「やぶ」の魅力をお伝えします。

やぶ瓦

屋根は地域の風景です」。

そう語るのは安浦で瓦施工業を営む上田健一郎さん*1

この度、その上田さんが手がけたのがやぶ瓦

これは一度詳しく話を聞かねばと、早速訪ねてみました。

 

f:id:shorikai:20160509165333j:plain

 

すぐさま目に留まったのが、種々様々な瓦。

 

f:id:shorikai:20160509165417j:plain

恵比須様の顔をあてがった瓦*2

 

f:id:shorikai:20160509165539j:plain

小槌を中央にあしらった瓦

 

聞くと、これらは全て鬼瓦とのこと。

鬼瓦と言うと、鬼面とばかり思い込んでいましたが、実際はだけでなく、七福神小槌などバラエティに富んだ素材が、厄除け縁起物として使われているそうです。

最近でこそあまり見られなくなったものの、一昔前であれば浦島太郎も鬼瓦の一つとして屋根を彩っていたというほど、元々自由度の高い「建材」のようです。

とりわけ、菊間淡路三州いぶし瓦はそうした特徴が顕著で、複雑な模様が掘り込まれたものも多いとか。

ならば、という土地柄、(鬼ではなくやぶが家々の屋根から睨みを利かしている光景があってもいいのではないか。

そう考えた上田さんは「神宿る瓦の会」を立ち上げ、「日本鬼師の会」とのコラボやぶ瓦を企画したそうです。

 

f:id:shorikai:20160512110034j:plain

写真提供:上田健一郎さん

 

実際にやぶ瓦を制作したのは、菊間瓦鬼師菊地晴香さん。

その最初の三枚が上田瓦商店の玄関先にも飾られていました。

 

f:id:shorikai:20160509165812j:plain

 

何を隠そう、既に私もその一枚を自宅に飾っています。

あいにく瓦屋根の家ではないので、設置場所は玄関ホール。

 

f:id:shorikai:20160509165110j:plain

 

亀山神社でお祓いを受けてから掲げたやぶ瓦は、としたオーラを放ち、降りかかる厄を全て追い払ってくれているかのようです。

本来祭りの日しか拝めないところにやぶの価値を感じていますが、こういう形でならやぶの希少性を損なうことなく、毎日の暮らしの中でやぶを身近に感じることができます。

沖縄ではシーサーが鎮座する屋根が景色に溶け込んでいるように、いつか呉でも屋根上のやぶが町の風景を織り成す日が来るかもと想像したらわくわくします」。

上田さんの語る未来共感する一日になりました。

 

Copyright(c)2016, kureyabu All Rights Reserved

*1:他にも瀬戸内焙煎倶楽部の代表を務める。

*2:日本三大瓦の一つ、石州瓦には、恵比須様や大黒様の顔を後付で貼り付けるといった特徴があります。