呉のやぶ

呉の秋祭りのシンボル的存在、「やぶ」の魅力をお伝えします。

「呉のやぶ」の楽しみ方

前回前々回のブログ記事でも触れたように、呉では9月の秋分の日から11月の文化の日にかけてやぶが登場する秋祭りが各地の神社で行われています。

その数は少なく見積もっても20はあります。

ところが、一口に「やぶ」と言っても、面や衣装、髪型などの特徴は各々の神社でかなり異なっています。

また、同じ神社の祭りでも複数の地区奉賛会が互いに特徴の異なるやぶを出している場合があります。

例えば、平原神社の祭りでは、鹿田迫奉賛会畑祭礼委員会がそれぞれ独自にやぶを出しています。

そのため、俵もみなどの祭礼行事も個々別々に行われます。

 

f:id:shorikai:20150712142058j:plain

鹿田迫奉賛会のやぶ

 

f:id:shorikai:20150712142249j:plain

畑祭礼委員会のやぶ

 

また、宇佐神社の祭りでは、北区中央区西区の3つの地区からやぶが出ます。

北区の伝統的なやぶはカッパと呼ばれるもので、中央区ヨダレ、西区はニグロと言います。

 

f:id:shorikai:20150712144315j:plain

北区のカッパ

 

f:id:shorikai:20150712144903j:plain

中央区のヨダレ

 

f:id:shorikai:20150712145102j:plain

西区のニグロ

 

外見どころか呼称までもが異なっているのです。

さらに中央区のヨダレについては、雄と雌の区分もあります。

 

地理的に隣接する警固屋の貴船神社も、昔からエンマダンゴニグロという3種類のやぶが出ています。

 

f:id:shorikai:20150714101448j:plain

エンマ

 

f:id:shorikai:20150714101636j:plain

ダンゴ

 

f:id:shorikai:20150714102103j:plain

ニグロ*1

 

高尾神社の祭りもやぶの種類の多さという点でこれらとよく似ています。

ここでは古くから北区東区西区の3地区からやぶが出ています*2

北区からはアカアオ、東区はガッソーニビキ、西区はカッパと呼ばれるやぶが出ます。

そして東区のガッソーに関しては雌雄の違いがあります。

 

f:id:shorikai:20150712150139j:plain

北区のアカ

 

f:id:shorikai:20150713153204j:plain

北区のアオ(撮影:稲田写場

 

f:id:shorikai:20150712150450j:plain

東区のガッソー*3

 

f:id:shorikai:20150713155446j:plain

東区のニビキ

 

f:id:shorikai:20150712151253j:plain

西区のカッパ

 

雌雄の区別に関しては、鯛乃宮神社のやぶにもあります。

 

f:id:shorikai:20150712152143j:plain

鯛乃宮神社のやぶ(雌雄)

 

また、同じ神社、同じ奉賛会でも、「面構え」は一様ではなく、やぶごとに違っています。

さらに、それぞれ違った面構えのやぶを、「一番やぶ」、「二番やぶ」、「三番やぶ」と呼んで識別しているところもあります。

これは大相撲で言うところの番付に相当し、やぶのを表しています*4

例えば、冒頭で紹介した平原神社鹿田迫奉賛会の「一番やぶ」、「二番やぶ」、「三番やぶ」をご覧ください。

 

f:id:shorikai:20150712154339j:plain

鹿田の一番

 

f:id:shorikai:20150712154450j:plain

鹿田の二番

 

f:id:shorikai:20150712154542j:plain

鹿田の三番

 

それぞれの個性の違いが一目瞭然でしょう。

こうした一種の番付制度を採用しているところは他にも多々あります。

龍王神社龍王会のやぶもその一つです。

ここではそれに加えて、個々のやぶの面を個別の名前で呼ぶ慣わしもあります。

例えば、下の写真のやぶは、それぞれ澤原家の面勝田家の面鈴木家の面で、いずれも所有者の名前で呼ばれています。

 

f:id:shorikai:20150713153021j:plain

澤原家面

 

f:id:shorikai:20161007202628j:plain

勝田家面

 

f:id:shorikai:20150712155145j:plain

鈴木家面

 

面構えの異なる一枚一枚の面に固有の名前があるというのは、それらが特定可能なこの世で唯一無二のやぶであることを意味しています。

こうした"何番やぶ"といった識別のされ方に留まらない、アイデンティティの明確さが龍王会のやぶの特徴です。

そのため、漠然と「やぶが好き」という人もいれば、ピンポイントで「とにかく澤原家の面が好き」という特定のやぶの熱烈なファンもいるのです。

 

このように単に「呉のやぶ」と言っても、その中身は実にバラエティに富んでいます。

やっぱりうちのやぶが一番じゃ」と多くの人が地元のやぶに対して抱いている思い入れの背景には、こうした著しいまでのローカル性と多様性があるのです。

このローカル性と多様性に裏打ちされた「そこにしかいないやぶのそこでしか感じ得ない魅力」を、1日限りの「」ではなく、秋分の日*5から文化の日までの約40日間に亘る「」で楽しむことができるのが、「呉のやぶ」の醍醐味です。

そのような楽しみ方をしたい人にとって、3年前に立ち上げたFacebookページ「呉のやぶ」と、今月から始めたこのブログが一つのガイドになれば幸いです。

 

f:id:shorikai:20150712155856j:plain

 

「呉のやぶ」のポスター(小宮貴一郎さん作)

 

次回から、過去3年間に撮り貯めた写真を各神社の祭りごに整理し(計18ヶ所)、順次ご紹介していきます。

 

Copyright(c)2015, kureyabu All Rights Reserved

*1:同じ「ニグロ」という呼び名でも宇佐神社の西区のニグロと面の特徴が著しく異なっています。

*2:他にも昭和40年代以降に造成された松ヶ丘団地やひばりヶ丘団地などの新興住宅地の自治会からもやぶが出ています。

*3:抱かれている子どもは15年前の長女と次女です。

*4:長い歴史の中で番付が変動することもあります。

*5:大祭の前日によごろがあるので、正確には秋分の日の前日から祭りシーズンが始まります。